【味のバランスがよく飽きにくい制限食】つるかめキッチンについてのレビュー

続けられる理由がある、つるかめキッチン

体のことを考えると、キチンと制限食を食べないと(または作らないと)いけないなと思いますよね。

でも実際に、制限食をつくるというと、とても大変だなぁと感じたことはありませんか?

管理栄養士さんが作った制限食の冷凍弁当なら、温めるだけで簡単に食べることが出来るんです。

この記事では、数々の制限食の冷凍弁を食べた私が、つるかめキッチンを実際に食べた感想などを写真付きで紹介します。

他社との比較もありますので、参考にしてもらえれば幸いです。

おかずのバランスがよく飽きにくい制限食なら

   つるかめキッチン

6つのコースから、自分に合った冷凍弁当を探せる。定期宅配なら送料無料。しばりなし

つるかめキッチンとは

About tsurukame-kitchen

つるかめキッチンは、糖尿病や高血圧、腎臓病で食事制限を必要とされてる方などに向けられたら、制限食の冷凍弁当を販売しています。

健やかな毎日を過ごすために必要な食事を「楽しみ」を感じてもらえることをモットーとしているようです。

また栄養士さんがしっかり管理し、100%国産の工場で生産されているので安心です。

つるかめキッチンの7食セット

お弁当のサイズは平均的な大きさで、7食入り~21食入りとなっています。あとは、食べる前に電子レンジで温めるだけでOKです。
温め時間はお弁当によって代わりますが、昨晩に冷蔵庫で解答しておいて、2分程度温めるとふっくらしますよ。

つるかめキッチン温め前 温める前の冷凍弁当
つるかめキッチン温め後 温めてビニールの蓋をとった所

食べてみた感想

Impressions of eating

カロリー制限気遣い御膳を7食ぶん食べた感想のまとめ

野菜が美味しい

これがまっさきに出てきました。
野菜のレベルがかなり高いです。

私は野菜宅配もかなり試しているので、野菜に関しては多少詳しいと自負しているのですが、この野菜はこだわりの野菜なんだろうなって思うのがありましたね。

とくに感じたのがピーマンですね。

ピーマンって独自の苦味やエグミがあって苦手という方も多いと思いますが、こちらのピーマンんは旨味が強いです。

あとナスも美味しかったですよ。

1番好きなおかずでした。

素材の味で勝負が出来るのは、良い食材のみ。薄味でもしっかり美味しいのは,食材にお金をかけている証拠だと思います。全体的に味は美味しかったですよ

のの

お弁当内のバランスがかなり取れている

今回頂いたおかずは7✕4の28種類です。

その中で「あれ、これ味が薄すぎて味がわからない」というのは、たった一つだけでした。
実は他社で「半分以上味がわからない……」という自体も有りまりました。

おかず同士を引き立たせてバランスを取るというのは、じつは結構難しいことなんだと思います。

つるかめキッチンは「濃い✕薄い」などのバランスが凄く良いんですよね。
おかず同士が掛け算になって、トータルで美味しいんです。

例えばなんですが、主菜が和風だから「和風✕4品」とかだと、後半ちょっと飽きてきたりすることもあるんですよ。全部醤油ベースだなぁと……。

しかしつるかめキッチンは、和風と中華と少し洋風だったりと、飽きにくい構成になっていることが多いです。

最初から最後まで、飽きずに楽しく・美味しく食べられるというのはとても良いですね。満足度が高いです

のの

良い意味で裏切りがあり、味付けにアクセントがある

切り干し大根

こちらの切り干し大根は、予想通りの味かと思いきや、後からじわじわと辛さが来るんですよね。

どうやら唐辛子が入っていたようで、ピリッと辛い切り干し大根なんです。

ミモザサラダ

また、こちらはミモザサラダになります。

ミモザサラダって割とあっさりめで、箸休め的な立場にあることが多いとおもうのですが、こちらは濃厚。

この日はあっさりめのおかずが多かったので、この濃厚さが良いアクセントになっているんですよね。

予想と違う「そうきたかっ」という、心地よい裏切りが何度かありましたね。全体的にちょっと大人向けなテイストでした

のの

温めムラがない

当たり前じゃないかな?と思った方もいるかもしれません。
ただ、言わせてもらいたいです、当たり前じゃないんです。

実は他社で、主菜が凍っているのに副菜が熱すぎるなんて事も体験しました。
そうなると、温度に気を取られてしまうんですよね「美味しい」の前に「あっっつ!!!」と「冷たっ!」が先に来てしまうんです。

また、温め方を工夫してから再加熱をすると、満足度がガタ落ちするんですよ。
食べるぞーって気持ちだったのに、ちょっとションボリするというのでしょうか。

全部のおかずを、ベストな状態で食べれる。これは間違いなく満足度が上がる条件の一つです。

のの

カロリー気遣い御膳の7食分の詳しい写真・味について

長くなってしまうので、非表示にしていますがクリックすると写真付きで画像が表示されます。

豚肉と玉ねぎの味噌炒め

豚肉と玉ねぎの味噌炒め

豚肉と玉ねぎの味噌炒め

味噌炒めらしいのですが「味噌!」という感じではなくて、うん、味噌?という感じでほんのりですね。
個人的には味噌が濃すぎず、マイルドで食べやすくて好きです。

お肉自体の量は少ないのですが、野菜が甘くて美味しい。特に関心したのがピーマンです。
多分ですが、品質の良いピーマンを使っていると思います。
青臭さや苦味が全然なくて、美味しいんですよね。これは感心しました。

筍と鶏肉のクリーム煮

筍と鶏肉のクリーム煮

まろやかで、ミルク感はあるんですが、一般的なクリーム煮ともちょっと違うんですよね。
なんでしょうか、洋風ではあるんですが、サラサラしていて少し和風も感じるというか。
ちょっとうまく説明出来ない複雑さがありました。

鶏肉が柔らかく煮込まれていて、たけのこのもシャッキシャキ。
他のおかずと全然喧嘩せずに上手く調和してくれました。
美味しかったですね。

わかめとたらこあえ

わかめとたらこあえ

冷凍弁当で似たようなおかずを見たことがあるんですが、薄めの味付けが多いんですよね。
だからそういう感じかな?と思って食べたら、結構濃厚なんですよね。
でも濃いっていうほど濃くはなくって、しっかりした味付けという感じですね。

たらこ感は正直良くわからなかったのですが、他のおかずともまた違うテイストで、全おかずが調和していました。

ピーマンとなすの炒めもの

ピーマンとなすの炒めもの

ほんのり中華風みたいです、ピリッとしているのですが、辛すぎなくて食べやすいですね。
辛いのが苦手な私ですが、これは美味しかったです。
細かい具材まで、1っこたりともの残さず完食です。

味は良かったのですが1点だけ、赤いピーマンの皮が口に残ってしまうのは残念です。

メバルのムニエルオーロラソース弁当

メバルのムニエルオーロラソース・緑ピーマンソテー

メバルのムニエルオーロラソース・緑ピーマンソテー

メバル自体はあっさりとした感じなのですが、オーロラソースがかかることで、味が濃くなっています。
濃くなっていますといってもあっさり✕こってり=ちょうど良いのですが。

ピーマンソテーは、昨日に引き続き味が苦味が少ないですね。
味付け自体はシンプルなのですけれども、ピーマン自体がかなり食べやすいです。

ズッキーニとアスパラのソテー

ズッキーニとアスパラのソテー

ちょっぴり洋風な感じがしますね。
こってりというほどではないのですが、少しだけ濃いんですよね。

その濃さが和風カレー煮と丁度よいバランスでして、どのおかずも負けることが無かったのは良いと思います。

和風カレー煮

和風カレー煮

私山芋って苦手なんですよね……。こちらの和風カレーにのメインが山芋なんですよ。
でも山芋独自の食感が少なかったこと、カレーの味付けがあったことで「あれ、山芋なのに食べやすい」と思ったのにはビックリしましたね。

二食和え

二食和え

かつおですかね、和風の出しの香りがします。
白菜とほうれん草っていうちょっと珍しい組み合わせだなぁと思ったのですが、味が染み込んでいて美味しいですね。

鮭の味噌幽庵焼き弁当

鮭の味噌幽庵焼き

鮭の味噌幽庵焼き

身は柔らかくてほぐれやすいですね、ゆずの爽やかな香りがしてさっぱり。
塩気はキチンとあるので、主食としてごはんは進みます。

枝前も甘みがほんのりあって良い感じです。美味しい。

肉野菜炒め

肉野菜炒め

主菜かな?っていう位に濃い味付けでごはんがめちゃくちゃ進みますね。
味付けはちょっと中華風な感じでしょうか?

少々脂分が強いかもしれません、こってりしてます。

ただ鮭があっさりさっぱり目だったので、対比的な存在だったのが良かったです。

切り干し大根

切り干し大根

予想通りの味で、少しまろやかだなぁというのが初めの感想でした。
しかし後からじわじわと辛さがやってくるんです。

そんな辛さのグラデーションが珍しくて、ちょっとビックリしちゃいましたね。
よくよくみてみると唐辛子が入っているようなので、辛いのはトウガラシだったみたいです。

白菜の生姜和え

白菜の生姜和え

白菜の生姜和えには竹輪が入っているんですよね、異なる2つの食感が楽しかったです。
2つとも元々はあっさりした食材ですが、味が染み込んでいます。
また、生姜の辛味がピリッと効いていました。

八宝菜弁当

八宝菜

八宝菜

筍の食感がシャキシャキなんです。
味も濃すぎず薄すぎず丁度よいですね。

市販も含めて冷凍の八宝菜を何種類か食べましたが、美味しかったです。
なんでしょうか、全体のバランスが凄く良いんですよね、好きです。

青菜炒め

青菜炒め

こちらはほうれん草でしょうか。

葉野菜独自のえぐみや青臭さなどは感じず、スッキリとした味わいでしたね。
他の日でも感じたのですが、つるかめキッチンさんの野菜は元々の質がすごく良いのだと思います。

決して安くはない価格なのですが、その分材料費もしっかりかけているんだろうなぁと想像できますね。

なすとベーコンの塩炒め

なすとベーコンの塩炒め

味が直すに染み込んでいるんですよね。トロットロの食感もまたいいんです。
ベーコンの香りが食欲を増してくれるんですよね。

すごくご飯が進みます。いやぁ、美味しかった。
野菜一杯で健康的なのに、すごく満足度が高かったですね。また食べたい……。

私の中での、一番美味しいおかずになる予感です!

柚子風味サラダ

柚子風味サラダ

大根がたっぷりと入っているので、本当にあっさりさっぱり。
かと思えば下に入ってたコーンや豆は甘みがあるんですよね。

何を食べるかで、味が色々と変わるのが面白かったです。

牛肉と野菜のオイスター炒め弁当

牛肉と野菜のオイスター炒め

牛肉と野菜のオイスター炒め

牛肉の香りがすごくしますね。
色々な野菜(しめじ、パプリカ、人参、青菜)がはいっているのですが、それでも牛肉の香りが濃厚ですね。

ごぼうサラダ

ごぼうサラダ

ごぼうのサラダは、割と濃いめでした。
噛めば噛むほど味がでるような、そんな濃厚さがありましたね。

主菜も濃い目、サラダも濃い目ってなると濃すぎるんじゃ?と思うかも知れませんが、実はこの後に紹介する副菜があっさりめなので、むしろ丁度よいんですよね。

鶏豆腐

鶏豆腐

あっさりさっぱりしていますね。
主菜がこってりぎみだったので、これで丁度よいバランスです。

あっさりしているけれども、味が負けているわけでは有りません。
和風の味がしっかり染み込んでいるので、主菜の後でも美味しく食べれますよ。

オクラの胡麻和え

オクラの胡麻和え

オクラもかなりあっさりしていますね。

オクラってネバネバが特徴的だと思うのですが、こちらは「ネバネバ」というよりは「とろとろ」のほうが合ってます。
皮もかなり柔らかくなっていますね。

オクラの食感が苦手という方でも、かなり食べやすいです。

ミートオムレツ弁当

ミートオムレツ

ミートオムレツ

卵はちょっぴり甘めな感じです。
ふわとろというよりは、しっかりした歯ごたえ。

一口目を食べた時は「おや?具が無い……?」とおもったら端っこの所は無いけど、真ん中にたっぷり有りました。
もう、ほぼ具だなくらいに、たっぷりはいっていました。

添えてあるいんげん豆は、かなりバターの香りがしますね。
洋風なテイストで、オムレツにぴったりでした。

ひじきと大豆の煮物

ひじきと大豆の煮物

正直にいいますと、他のおかずの味が濃くって負けています。

おかずのバランスの良さが売りだなぁと思っていたので、味が負けてしまったおかずがあったのは残念ですね。改善希望です。

ごぼうと牛肉のカレーマヨネーズ

ごぼうと牛肉のカレーマヨネーズ

オムレツの甘みと対比した味付けですね。
カレーの辛味もほんのりありつつも、まろやかさもある味付け。

噛みごたえがあって、第二の主菜という感じです。

ほうれん草のバターソテー

ほうれん草のバターソテー

こちらはこってり濃厚な洋風な感じです。
オムレツとの相性が良いですね。

ほうれん草はバターが強くて塩分が多い感じなのですが、コーンが甘みが強いので一緒に食べるとちょうど良い感じ。

チキンステーキ(中華甘酢ソース)弁当

チキンステーキ(中華甘酢ソース)ともやしのナムル

チキンステーキ(中華甘酢ソース)ともやしのナムル

チキンステーキはすごく柔らかいですね、ビックリです。
舌で押しつぶせるんじゃないかな?っていう位の柔らかさでした。

ほんのり生姜の香りがするのですが、まろやかで優しい味わい。
でも奥まで染み込んでいるので薄くはないですね、美味しかったです。

添えてあるもやしのナムルは味がしっかりついていて、歯ごたえたえも残っていて良かったですね。
(写真右の里芋は後ろのケンチン煮が移動したものでした……、食べた後に気が付きました。すみません。)

小松菜のゆずあえ

小松菜のゆずあえ

ほんのちょっとだけ苦味を感じるのですが、その後に柚子の香りがぶわぁっと広がりました。

食べた感想としては、大人の味って感じでしょうか。
ちょっとビターだけど、爽やかな香りですね。

けんちん煮

けんちん煮

すみません、写真を失敗しています。。。
主菜に紛れ込んだ里芋の方が多かったので、全く気が付きませんでした(;´∀`)

里芋はねっとりしている感じがなくて、ホックホクしているのが嬉しかったです。
和風のあっさりめの味付けだと思いました。
ごろっと入った野菜が良い感じのアクセントになっています。

ミモザサラダ

ミモザサラダ

今日は全体的にあっさりめだなぁと思っていたら、ミモザサラダが濃厚でしたね。
ここで濃いのが来るのか!と正直ビックリしてしまいました。

特に卵に味が染み込んでいますね。
でも薄味の中で、良いアクセントになってくれました。

競合との比較について

Comparison under various conditions

同じような制限食を取り扱っている会社に「ウェルネスダイニング」や「まごころケア食」があります。
どのような違いがあるのか比較してみました。

会社名 制限食 1食の価格 送料 内容量 おかずのかぶり
つるかめキッチン ほぼ同じ内容 633~756円(定期)
854~1282円(都度)
無料(定期)
700円(都度)
○~◎ 普通 かぶりなし
ウェルネスダイニング ほぼ同じ内容 666~848円 700円or350円 多い かぶりにくい
まごころケア食 ほぼ同じ内容 442~657円 無料 △~○ 少ない~普通 たまにかぶる

つるかめキッチンのメリット

定期宅配だと送料が無料

これはすごく良いと思います。

定期宅配にすることで、700円がかからなくなるという事としばりが無くいつでも解約が出来るんです。

しばりがある会社もあるので、縛りなしで無料にしてくれるのは本当に有り難い

のの

おかずが被らない

あれ?このおかずを昨日も食べたな……ちょっと飽きてきたかも。
そのような事が一切無かったというのは、強みですね。

だって長く続けるのであれば「あー、これかぁ」というのが続くとちょっとだけ、残念ですよね。

食に「楽しみ」を感じてもらうことを目的としてもらうのが目的なだけあって、毎回「今日は何かな」って新鮮な気持ちで食べれたのはメリットです。

味は完成度が高い

平均してレベルが高かったですね。
本当におかずのバランスが取れていたということ、温め技術が優れていた事、素材が美味しかった事が美味しい要因だったと思います。

総合とすると、味の面でいうと続けやすい制限食といえると思います

のの

つるかめキッチンのデメリット

安くはない

ここはネックだなーと思いますね。
最高値ではありませんが、安い方では有りません。

ただ食材代に結構かけている感じがするので、仕方ないかな~という感じはします。

強いて言うのならば、量が少ないおかずもあった

こちはら強いて言うならですね。実は他にデメリットが思いつかなくて……。
ただ全体的に少ないわけではりません。

たまに、うーんちょっと少なめかな?というものがあります。
「あー、お腹いっぱい食べた満足!」ではありませんが、極端に少ないわけではありませんし、普通ですね。

金額を考えるともうちょっとだけ、量が多かったら嬉しいなって感じです。デメリットというほどではありませんね。

正直にいうと量に関しては個人差が大きいですね。個人の適正量があります。つるかめキッチンの量でちょうど良いという方も結構いるのではないかな?とも思います。

のの

食宅便の価格と送料や支払い方法

Price and shipping charges

注意価格と送料の項目は、公式サイトからの情報になります。
最新の情報を掲載するように心がけていますが、変動している可能性もありますので最後はつるかめキッチンをご確認下さい。

お弁当の価格

価格は、1食辺り560円~629円になります。

コース名1食あたり個数コース料金
カロリー制限気遣い御膳
塩分制限気遣い御膳
糖質制限気遣い御膳
633~685円7~21食4,800~13,300円
たんぱく&塩分制限気遣い御膳676~728円7~21食5,100~14,200円
つるかめバランス栄養御膳614~657円7~21食4,600~12,900円
つるかめやわらか御膳657~700円7~21食4,900~13,800円

送料

コース名1食あたり
定期宅配無料
1回2セットまで700円

支払い方法

  • クレジットカード
  • NP後払い(後払い手数料:200円)
  • 代金引換(手数料300円)

まとめ

matome

制限食の冷凍弁当を取り扱っている所は多数あるのですが、つるかめキッチンのメリットは「飽きにくい」という事が一番なのかな?と思います。

つるかめキッチンが飽きにくい理由

  • おかずの種類が豊富で、被らない
  • 味が美味しい
  • ちょっとぴり変わったアクセントのおかずがあり、新鮮な気持ちで食べられる
  • 温め技術が優れていて、食べていて不満になりにくい

制限食は一度食べたら終了というわけではなく、定期的に取る必要がありますよね。
そうなると、続けやすさは大事な項目だと思います。

おかずのバランスがよく飽きにくい制限食なら

   つるかめキッチン

6つのコースから、自分に合った冷凍弁当を探せる。定期宅配なら送料無料。しばりなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です